読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトローと法律の未来 ~遠藤直哉の唱える理論は新しいスタンダードになるか~

ソフトローと言う言葉を知ってこの言葉の第一人者がフェアネス法律事務所の遠藤直哉氏だと知り、興味を持ったので遠藤直哉氏の考えをこのブログで紹介していきたいと思います。

遠藤直哉 著書|遠藤直哉の唱える理論は新しいスタンダードになるか

今回、遠藤直哉氏の著書『新しい法社会をつくるのはあなたです』から興味深い項目を見つけたので紹介していきます。「責任分担の思想」について記述しているものなのですが、内容が多いので一回一回分けてご紹介したいと思います。

 

昔は被害者が加害者を訴えても勝つとは限らない、博打のような裁判が行われるひどい社会でしたが、現代社会では被害者は原則として救済されるようになりました。

「被害者は必ず勝利し、負けることのない社会」「加害者は必ず負ける社会」が出来上がったのです。

しかし、「原告勝訴」といえども判決の中身を見てみると、実は金額にするとかなり安くなるケースがあります。

例にして言うと、5000万円を請求したとき、勝訴してみても実際は2500万円しか認められなかったということですね。

つまり権利を得た被害者側は100ではなく50しか認められなかったのです。

先程の言葉を挙げて言うならば現代社会は

「被害者は必ず勝利し、負けることのない社会(ただし金額は少し減額される)

 

「加害者は必ず負ける社会(ただし金額は少し減額される)」

となっているのです。

 

この背景には被害者にも少し落ち度やミスなどの何らかの原因があるのです。

(例えば、被害者側が暴言を吐いて挑発したりといったような)

このように双方の不注意を取り上げて請求額を減額する方法を法律用語で「過失相殺」、

または「責任の分担」「責任の分割」と言います。

 

裁判に勝つとは言え、希望の金額が減ってしまうのであれば自然と両者とも事件を起こさないように気を付けていくようになりますよね。

次回も、遠藤直哉氏の著書より裁判例を挙げながら「責任分担の思想」について紐解いていきたいと思います。

 

医療と法制度、ソフトロー ~遠藤直哉氏の唱える新しい法運用~
ソフトローデモクラシー (遠藤直哉)
社会と子育てのいい関係 ~遠藤直哉さんのソフトロー論~
日本の抱える国際問題と法制度 ~ソフトローについて~ 遠藤直哉氏を研究する
今だからこそ憲法について考える ~遠藤直哉氏のソフトロー的思考~
新しい法社会を作るのはあなたです
ソフトローと法律の未来 ~遠藤直哉の唱える理論は新しいスタンダードになるか~
消費者主義と現代の法について ~ソフトローによる企業と消費者の共存 遠藤直哉氏の考え~
遠藤直哉先生のソフトローデモクラシー論について
遠藤直哉Twitter
遠藤直哉Facebook
Dr遠藤直哉のBLOG
フェアネス法律事務所
弁護士 遠藤直哉のホームページ
Amazon.co.jp: 遠藤直哉: 本
youtube遠藤直哉のチャンネル
遠藤 直哉弁護士フェアネス法律事務所 - 弁護士ドットコム
ジュンク堂 著書「遠藤直哉」の書籍
遠藤 直哉 弁護士 - 納得!どっとこむ
遠藤 直哉 - 第二東京弁護士会


まとめサイト